松川村、桜沢遺跡にに寄って馬羅尾高原へ

10/09/14 きょうは快晴で朝からお出かけ日和。という訳でこれもかねてから気になっていた馬羅尾高原へ。途中、松川村の西斜面の高台に桜沢遺跡があってフンフンやっぱり昔からこんないい気持ちの場所に人はすむんだと感心というか納得。
c0002943_21403336.jpg
桜沢遺跡というものの発掘されたのは竪穴式住居の縦穴1カ所と柱跡だけなのですが・・・。
c0002943_21432775.jpg
復元された住居の中、昔のくらしに思いを巡らせるake。“これだけで生活できるよね・・・”シンプルな暮らしはやはり原点です。
c0002943_2148810.jpg
ええっ!これが高原へ続く道と思いながら林道を馬羅尾高原へ。いろんな所で高原と名のつく所がありますが、馬羅尾高原も高原という名の山の中でした。特筆すべきはでかい運動場と気持ちのよいクロカン風のマレットゴルフ場です。渓流ですが芦間川というのだそうです。
c0002943_2235942.jpg
いろんなハイキングコースもありましたが、マレットゴルフの方がコースも長く整備もされているようです。
c0002943_2283447.jpg
馬羅尾高原からは北の林道を下って
c0002943_22232368.jpg
林をぬけるとぱあっと展望が広がって有明山の裾野でもちろん北アルプスは見えませんが、遠くに八ヶ岳。
c0002943_22255642.jpg
この辺りは畑やリンゴや桃の果樹園も多くて空も広々。雪も少なそうでなりものも豊かそうです。ちょっとうらやましい!
by cicamp | 2010-09-18 22:29 | おでかけ | Comments(0)


<< 赤とんぼに虫の声 屋根の上からの眺め >>