受水槽の掃除と朽ちそうな木のもの

11/7/1 めずらしく鮮やかなバッタがいた。
c0002943_17351090.jpg
そして今年2度目の受水槽の外側を洗いワックスがけ。遠目には見違えるようにピカピカだが丸24年厚いエナメルにもひびが入り始めてきた。
c0002943_1738555.jpg
朽ち始めた楢のホダ木からミズナラの新芽が顔を出した。どんぐりの木からどんぐりの子供。
c0002943_1740556.jpg
こちらも25年経った枕木の朽ちた穴が植木鉢の図。これは、ミズヒキとミヤコグサとなんだっけど忘れ。
c0002943_17435880.jpg
最近は木の枕木は産業廃棄物だそうです。近くに1年に一度集積してるところがあって運んできた運ちゃんに聞いたら、昔は1本や2本なくなっても平気だったが、最近は管理が厳しくてなくなると大変だとか。それにしては、いつも何日も野ざらしでほってありますが。という訳で、私にしたら手に入らない貴重な資源が、廃棄物。しかも処理費用が発生するらしい。ホントなのか今度調べてみよう。あまりにもったいなく不合理だ。
by cicamp | 2011-07-23 17:50 | | Comments(0)


<< 夕焼け 赤いバラ >>