<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

この秋口、毛虫と幼虫とアマガエル

10/09/26 
c0002943_2012266.jpg
毛皮にくるまるわけでもなさそうなアマガエル
c0002943_20193715.jpg
c0002943_20141162.jpg
ちっちゃい黒いのから大きいのまで一体何頭いるかわからないくらい山ゼリ食堂に集うアゲハいも虫兄弟達です。
by cicamp | 2010-09-27 20:19 | | Comments(0)

近所のお散歩

10/09/25 朝、青木湖をぐるっと回った。
c0002943_19505454.jpg
誰もいない湖でボケッ。
c0002943_19482275.jpg

お昼は、ヤナバでは一軒しかない食事どころ“レストランくんくん”がリニューアルオープンしたので久しぶりに名物くんくん定食をいただく。わらじのようにでかいチキンカツはやっぱりの満腹。
c0002943_19471334.jpg

腹ごなしに、旧ヤナバスキー場ビレッジのゲレンデの尾根をひと登り。午前中は隠れていた爺ガ岳と鹿島槍がごきげんニカヲを出して眼下に中綱集落と中綱湖が見える。
c0002943_19442836.jpg
ここ数年ですっかり自然の山に戻ろうとしている。もうちょっとで道もなくなりそうな勢い。
by cicamp | 2010-09-27 20:04 | 自然 | Comments(4)

久しぶりにお客さん作の木人とakeの額

10/09/21 久しぶりに木人作りの教室をやった。一生懸命楽しみながら頑張って出来上がった木人は息子のアイデアを取り入れながらお母さんが製作!肩にはロケットランチャー、口元にはマイク。今回は竹ヒゴのダボでかなり作りを簡略化してみたけどなかなかいい感じ。かわいいでしょ!それでも4時間くらいかかりました。
c0002943_033316.jpg
今、庭は秋の花にシフト中。キクイモ花盛りです。ダリア満開、メハジキはもうおしまいでタデはそこら中に花をつけをまとめたのがこの花瓶です。
c0002943_082721.jpg
これは書道展に出展するおばあちゃんの為にakeがアレンジした額とその作品。一志水鏡先生のみずかがみの会、ねむの木ギャラリーで開催中。書道もいいけれど、ハガキ大くらいに絵を描いて、飾ったりアレンジしたりした額に入れてみるなんて体験教室も楽しそうです。
c0002943_0135546.jpg

by cicamp | 2010-09-25 00:20 | もの作り | Comments(2)

雪渓の消えた爺ガ岳、秋近し

10/09/18 秋雨前線のせいか急にお天気が悪くなって久しぶりに顔を見せた爺ガ岳。ほんの少しだけ雪渓が残っているようだが、こんなふうに素顔の爺さんが見れるのもあとわずか。カイゼル髭は真っ白でもうちょっとしたら初冠雪、その後は冬化粧を始めるんだ。
c0002943_23512569.jpg

by cicamp | 2010-09-24 23:51 | 自然 | Comments(0)

創作の秋、akeのフェルトワークです

10/09/16 大町の文化祭でのakeフェルト体験教室のサンプルができました。鳥のニードルワークとフェルト玉の首飾り。毎年、いろんなことをやっていて人気あります!みなさんもぜひお出かけください!!
c0002943_1744394.jpg

by cicamp | 2010-09-20 17:44 | Comments(0)

赤とんぼに虫の声

10/09/16 赤とんぼが舞う季節になりました。暗くなると虫の声に秋の訪れを感じさせます。台風以降めっきり涼しくなって気持ちのいい日々です。
c0002943_0122210.jpg
庭の草花は例年より50cmは瀬が高いように思います。のっぽの山ゼリとのっぽのダリアです。
c0002943_0155733.jpg

by cicamp | 2010-09-19 00:16 | | Comments(2)

松川村、桜沢遺跡にに寄って馬羅尾高原へ

10/09/14 きょうは快晴で朝からお出かけ日和。という訳でこれもかねてから気になっていた馬羅尾高原へ。途中、松川村の西斜面の高台に桜沢遺跡があってフンフンやっぱり昔からこんないい気持ちの場所に人はすむんだと感心というか納得。
c0002943_21403336.jpg
桜沢遺跡というものの発掘されたのは竪穴式住居の縦穴1カ所と柱跡だけなのですが・・・。
c0002943_21432775.jpg
復元された住居の中、昔のくらしに思いを巡らせるake。“これだけで生活できるよね・・・”シンプルな暮らしはやはり原点です。
c0002943_2148810.jpg
ええっ!これが高原へ続く道と思いながら林道を馬羅尾高原へ。いろんな所で高原と名のつく所がありますが、馬羅尾高原も高原という名の山の中でした。特筆すべきはでかい運動場と気持ちのよいクロカン風のマレットゴルフ場です。渓流ですが芦間川というのだそうです。
c0002943_2235942.jpg
いろんなハイキングコースもありましたが、マレットゴルフの方がコースも長く整備もされているようです。
c0002943_2283447.jpg
馬羅尾高原からは北の林道を下って
c0002943_22232368.jpg
林をぬけるとぱあっと展望が広がって有明山の裾野でもちろん北アルプスは見えませんが、遠くに八ヶ岳。
c0002943_22255642.jpg
この辺りは畑やリンゴや桃の果樹園も多くて空も広々。雪も少なそうでなりものも豊かそうです。ちょっとうらやましい!
by cicamp | 2010-09-18 22:29 | おでかけ | Comments(0)

屋根の上からの眺め

10/09/11 久しぶりごきげんの快晴。で屋根に上って鹿島槍と爺ガ岳をスナップ。ちょっと前までは2階からの眺めがこんな感じだったのですが。20年の歳月を感じます。
c0002943_193615.jpg
正面のすすきは斑入りです。鷹羽薄(たかのはすすき)といいます。もともとすすきは好きなのですが葉っぱに黄色いフが入るこのすすきはなかなかおしゃれで気にいっています。
c0002943_2124020.jpg

by cicamp | 2010-09-13 01:09 | 自然 | Comments(0)

国営公園の奥,烏川渓谷は懐かしい故郷の川を思い出す

10/09/06 久しぶりに故郷の川にやってきたような気がしました。安曇野国営公園とは別ですがその奥,「県営烏川渓谷緑地」公園です。
c0002943_021235.jpg
入り口の橋から見る烏川。何だか冒険の匂いがします。
c0002943_023525.jpg
深い広葉樹の木立の中を川のせせらぎの音ききながら歩きます。と眼下にあれはなんだ!?まさに人面岩です。川沿いの森の小道はさっきまでの安曇野とは違って涼しく快適で足も軽やか。
c0002943_0313023.jpg
お母さん達はかえりたそうですが子供たちは知らん顔。
c0002943_0352633.jpg
こんな奇麗な淵もあって・・・
c0002943_0385578.jpg
ここが公園の行き止まりです。下から登ってくるに従って石がでっかくなってきました。ここまでいりぐちから1kmくらいでしょうか?何だか自然な感じで楽しめます。とは言うものの公園内に砂防ダムが3つ?あったり、奇麗な淵のところもそうですが、また芝生をはった広場があったり,自然の中にビオトープが作られていたりで不思議なこともたくさんです。まあ、砂防ダムなんて今ではどこにでもあってすっかり自然の中に溶け込んでたりしますが。砂も一杯で。後で知ったのですが、この公園の南斜面川沿いにすごく立派な対向2車線の道路が走っていてほんとびっくり!それでもなかなか気持ちのよい公園でした。お勧めです。
by cicamp | 2010-09-13 00:55 | Comments(0)

新行は、そばの花満開

10/09/02 今日は北アルプスは顔を出さずでしたが、ふらりドライブに出かけました。訪れた新行の部落は、そばの花が花盛りで稲はこれからとこちらは秋はこれからといったところです。
c0002943_17442160.jpg
c0002943_1747517.jpg
標高約900mくらいに広がるここ新行はそばで有名で圏外からも多くの方が訪れます。今日は北アルプスはみれませんでしたが、西に蓮華から爺ガ岳、鹿島槍までがまじかに見れ、のどかな田園風景と相まって美しい日本の村そのものです。
c0002943_1752319.jpg
c0002943_1754614.jpg
美麻村を抜けてここは大町の三日町です。安曇平の一番北になります。こちらでもやっぱり頂上は雲の中の北アルプス。中央低い山が小熊山でそのずっと奥が爺ガ岳、右に鹿島槍、五竜です。左は蓮華。
c0002943_20322143.jpg
米の減反でここでもそばを作っています。この辺りは標高が約700mで黄金色の稲も刈り取り間近、秋近しの感じですね。
c0002943_20335159.jpg

by cicamp | 2010-09-11 17:56 | Comments(4)